​Tokoro system

​Apr 2019

素材の加工についての速さと質量の関係。

​物質世界において速さや質量の問題が必ずあり、その制限の中で我々はモノをデザインし、生産している。機械を一定の条件を保つことができるものとして捉えた時、その時間(機械)を過ぎた素材はどんな状況が反映されるのか。大きな発砲スチロールをトコロテンのような四角く囲われた電熱線装置を通り過ぎた時に、見えてくる有様を観察する。すると微細な誤差がその瞬間を見比べると垣間見える。モノに速さや質量の問題があるのは、還ってモノをデザインするときの個性的な部分であり、利用価値が十分にある。

The relationship between speed and mass for processing materials.

There are always problems of speed and mass in the material world, and we design and produce things within the limits. When a machine is regarded as being able to maintain certain conditions, what kind of situation is reflected in the material that has passed that time (machine)? Observe what you see as you pass a large styrofoam through a square-enclosed heating wire device like a tokoroten. And then, a small error can be glimpsed when comparing the moments. The problem of speed and mass of things is a unique part when designing things back, and it has sufficient utility value.